blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
車庫上の有効活用
0
     ドライブの途中で、素敵なものを見つけた。



     住宅の建設予定地は、道路から奥に向かって勾配がある。よって、写真のような重量鉄骨製の車庫を道路に面して設置し、その上部をデッキとして活用できればなあと考える。
     2台駐車として、有効な駐車スペースは幅・奥行き共に5.5メートル程度は欲しい。柱を立てるスペースを考慮すると、デッキのサイズは幅6メートル、奥行き5.5メートルといったところか。幅方向のスパンが6メートルとなるので、かなりごつい鉄骨梁が必要だなあ・・・。
    | masabee | 家作りのヒント | 23:30 | - | - | - |
    屋上緑化
    0
       「屋上緑化」が最近盛んに行われているらしい。都市部のヒートアイランド現象の緩和や、屋上に照りつける太陽から受ける熱を緩和し、ビルの冷房効率を上げることがねらいのようだ。しかし何といっても、自然の少ない都市部において、「緑」に接することができるのが素晴らしい。



       屋上緑化の様子は、写真のような感じ。屋上の防水層の上にシートを敷き、専用の軽量土壌を敷き詰めているようだ。この軽量土壌は概ね、自然土の半分程度の密度で、水はけ、栄養分その他植物の生育に適しているそうだ。



       こうして見ると、ここがビルの屋上であることを忘れてしまう。写真には写っていないが、稲を育てて、お米も収穫できるとのこと。



       樹木の根の周りに土壌を盛り上げれば、大きめの樹木の生育も可能なようで・・・。普通の地面と変わらない。

       これを、車庫上のデッキ(およそ30平方メートル)で実現できればなあ・・と考える。土壌+水分+植物の質量に耐えられるようなしっかりとしたデッキにしよう。庭が広く、有効に使えそうだ。
      | masabee | 家作りのヒント | 22:21 | - | - | - |
      住宅デザインツール
      0
         住宅のデザインや間取りの検討については、便利なソフトウェアーが多数存在する。そんな中で私のお気に入りは・・・というと。
         e-house版 せっけい倶楽部 リンクはこちら
         フリーソフトでありながら、わかりやすいインターフェースを備え、簡単な操作で間取りの作成や3次元化が可能。動作も軽快だ。

         MEGASOFT マイホームデザイナーLS リンクはこちら
         標準価格12,285円のパッケージソフト。こちらも簡単操作で間取りの作成、3次元化が可能。日照チェック、構造チェック、収納チェックなど多彩な機能を搭載している。住宅構成要素(外壁とか設備機器など)のデータも豊富で、専用サイトからダウンロード可能。



         現在のところは、このソフトで住宅のイメージを構築中。
        | masabee | 家作りのヒント | 22:19 | - | - | - |

         


        bolg index このページの先頭へ