blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
土台の墨出し
0
     上棟を直近に控え、準備が着々と進められている。本日は棟梁さんが一人で作業中であった。



     どうやら、基礎立ち上がり上部に載せるヒノキの土台(基礎パッキン)の位置をマーキングされているようだ。墨つぼからするりするりと糸を出し、ピンと弾くと一瞬にして直線を引くことができる。
     この棟梁さんに最後まで面倒を見ていただくこととなる。簡単に自己紹介を交わし、図面を見ながら、各部の設計意図を伝えておいた。最初はとっつきにくい印象だったが、話しはじめるとそうでもない感じで、少しほっとした。
    | masabee | 土台 | 23:59 | - | - | - |
    土台の完成
    0
       会社帰りに現場に立ち寄ると、いつの間にか土台が完成していた。う〜ん、端正で美しい。



       あたりに、ヒノキの良い香りがほんのりと漂う。なお、床束で支えられている部分は杉を使用しているようだ(どちらも無垢材)。



       ヒノキの土台は、基礎パッキンロングにしっかりと載せられている。芯持ちなので外敵にも強そうだ。なお、薬剤を使うことなくシロアリ保証がついている。



       念のため、全てのアンカーボルト(ナット)の取り付け具合を確認。締め忘れは一つも無く、完璧な出来具合だ。
      | masabee | 土台 | 02:31 | - | - | - |
      鋼製床束
      0
         ついでなので、床束の具合もチェックしておく。タマホームの場合床束は鋼製で、シロアリの心配が要らない。また、スパナで簡単に高さ調整ができる点も良いと思う。



         上部は皿に載せられたうえにビス4本で固定されている。



         下部は、土間コンクリート上に接着剤のようなものできっちりと固定されているようだ。
        | masabee | 土台 | 02:33 | - | - | - |

         


        bolg index このページの先頭へ