blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
瓦棧の様子
0
     上棟して3日経過する。今日は、屋根の上で動きがあったようなので、足場を伝って上がってみる。もちろん、安全帯とヘルメットを忘れずに・・・。というよりも、高いところは少々苦手なので足場に上るときは安全帯を手放せない・・・。



     足場の最上部から屋根を眺めると、ゴムアスの上に瓦棧が打ち付けられていた。間隔は少し広めか?。もう少し詰めても良さそうだなあ・・・。



     屋根端部は水仕舞のため金属製の樋のようなものが配置してある。



     瓦は注文どおり、新東のセラムF2。最も水をスムーズに流せそうな印象からセレクトしたものだ。ちなみに陶器瓦なので、ずいぶんと長持ちしそうだ。
    | masabee | 屋根工事 | 23:51 | - | - | - |
    棟から反対側
    0
       足場を移動して、反対側の斜面を観察に行ってみる。防水層に傷をつけたりするのがいやなため、あまり屋根の上を歩きたくない・・・。



       ちょうど棟の部分を境に、その反対側には瓦が葺かれていた。なかなか綺麗じゃないですか〜。



       あたりまえだが、瓦は整然と並んでいる。しかしながら、足場が解体されてしまったら、ここまで上がってくることはないんでしょうね。
      | masabee | 屋根工事 | 23:54 | - | - | - |
      瓦屋根の詳細
      0
         ちょうど棟の部分には受け金物が等間隔にセットされている。また、瓦は棧に1枚1枚釘で固定されているようだ。



         材料の入ったダンボール箱が屋根上に置かれている。



         瓦用ステンレスネイルと書いてある。これなら瓦の固定については大丈夫のようだなあ・・。しかし、道具や材料を置きっぱなしでいいんでしょうかねえ?
        | masabee | 屋根工事 | 23:57 | - | - | - |

         


        bolg index このページの先頭へ