blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
バックアップ材の取り付け
0
     今後の計画では、外壁にアルミ製のバルコニーを取り付けることとしている。タマホームの場合、屋根がない、壁も半分くらいしかないバルコニーであっても通常の室内と同一の坪単価であるため、別工事にてコストダウンを図る狙いがある(後付バルコニーであれば換算坪単価11万円程度から導入できる)。
     ただ、後付の場合は、外壁外側から部材をコーチボルトで締め付ける方法が主流である。タマホームの場合は外壁通気工法が標準で、サイディングの内側に15mm程度の通気層があり、この隙間にバックアップ材を入れておかないと問題が生じる可能性がある(外壁通気対応のパーツを用いればこの限りではないが)。



     というわけで、通気層と同一の板材をバックアップ材として打ち付けておいた。釘はもちろんステンレス製を使用。



     取り付け位置があいまいな箇所は、念のため25cm感覚で施工しておく。この程度なら通気の障害にはなりえないだろう。
     これでバルコニーやオーニングの取り付けがスムーズにいきそうだ・・。
    | masabee | 外壁バックアップ材 | 22:17 | - | - | - |

     


    bolg index このページの先頭へ