blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
<< 檜の大黒柱(檜8寸無垢無節) | main | 草刈と樹木伐採作業 >>
三者面談第一回
0
     住宅の着工はもうしばらく先だが、間取りの微調整(特に窓や建具の取り付け位置とか)および仕様を決めなくてはならない。屋根、外壁、設備(風呂、トイレ、洗面、キッチン・・・)、内装色、ふすまの柄・・・。これがいい!!というのをひとつひとつ選んでいく。
     この一連の作業をタマホームでは「三者面談」と呼んでいるらしい。ちなみに三者とは、「営業」「工務」「施主」のこと。面談はかなり長時間にわたるため、落ち着いた雰囲気のある平日がオススメとの事だったが、結局土曜日になってしまう。



     これまでに営業さんから選定のための資料をもらったり、休みのたびに展示場で機器の選定をしたりしてはいたが、いざ決めるとなると迷いが出てくるものですねえ。営業さん、工務さんからのアドバイスも、いまいちピンとこなかったり・・・。複雑だ。
     とりあえずこの日決定できた項目は、屋根瓦、内装(ドア、フロア)色、表具(和室)、収納、キッチン、風呂、洗面台、トイレ位。外観デザインに関連してくる外壁、サッシ、玄関ドアあたりはとりあえず保留とした。ただ、外壁サイディングは好みのものを伝えておいたので、それをベースにしたイメージCGを次回見せてくれるとのこと。



     余談だが、トイレについてはTOTOとINAXのどちらにするかかなり迷った。甲乙つけがたいとはまさにこのような状況。1階と2階で合計2台入るため、最終的にはTOTOとINAXを1台ずつという折衷案にて・・・。住宅が完成してから、使い心地をくらべてみよう。
    | masabee | 仕様の選定(三者面談) | 22:12 | - | - | - |

     


    bolg index このページの先頭へ