blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
<< 完成検査の準備その1 | main | 完成検査その1 >>
完成検査の準備その2
0
     書類関係も忘れずに準備する。平面図、立面図、電気図など。WEB上を検索すると、完成検査のチェックリストもたくさんヒットするので、うまく使えそうなものを印刷しておく。その他は、自分が特に確認したいことを箇条書きにしておくのもよいだろう。プレ検査も踏まえて箇条書きにしたことは以下の通りだ。
    ○小屋裏の状態(断熱材と清掃状況)
    ○工事中に手直しが入った箇所の後処理について
    ○床下の状態(断熱材の落ち込み、ユニットバス下部の状態、水漏れ)
    ○電気設備は全て電源投入し、動作チェック
    ○水も全て流してみる
    ○エコキュートは事前に湯を沸かさせる
    ○浴槽、洗面は満水試験(水位が下がらないか)
    ○排水路のチェック(実際に水を流す)(排水、雨水共)
    ○扉すべての建て付け具合、すべり具合
    ○天井点検口の開閉状態(スムーズか、枠にゆがみは無いか)
    ○床のきしみ
    ○フローリング、畳の色あせや傷
    ○ドア、引き出しと周囲との干渉
    ○壁、天井クロスの状態(傷、汚れ、皺、不陸)
    ○窓、建具、コンセントなどは図面と一致しているか

     あとは現場で、出たとこ勝負ということで・・・。
    | masabee | 完成検査 | 22:56 | - | - | - |

     


    bolg index このページの先頭へ