blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
基礎天端均しモルタル
0
     現場の方は次へ次へと作業が進む。次は天端の均しモルタル施工だ。コンクリート打設時においては、レベラーを使用して均すのかな?と考えていたが、そうではなかった。



     仕上がり面をきっちりと出すために、レーザーレベルを用いて基礎立ち上がり側面に基準となる墨が打たれる。そのラインにあわせて釘が軽く打ち込まれ、その釘の上に板が載せられ、動かぬよう鉄筋を曲げた治具で挟まれている。
     ちょうどこの中にモルタルが施工されることとなる。セットされた板の上面までモルタルを入れると、きっちりと水平がとれる。



     モルタル施工後、板が外された。綺麗に水平がとれているようだ。
    | masabee | 基礎(天端) | 23:59 | - | - | - |
    コーナー部仕上げモルタル
    0
       基礎の土間と立ち上がりの境界部にモルタルが施工されていた。



       型枠を支持していた金物を包み込むことと、打ち継ぎ側面の見栄えを良くすることが目的なのだろうかな・・・。まあ、何にせよ細かいところまできっちりと仕上がっていくのでいいことだと思う。
      | masabee | 基礎(天端) | 22:40 | - | - | - |
      天端均しモルタル完成
      0
         約二日間で、天端の均しモルタル施工は終了したようだ。これで基礎の方はほぼ完成と思われる。



         コンクリートの強度アップのため、今日も散水をしておこう・・・。
         現状においては、基礎の立ち上がり下部に水抜き孔が設けられている。上棟後にモルタルにて塞がれることになっている。ところでこの孔は、宅内から屋外へと電線を引き出す(たとえば庭園灯など)のに利用できそうなので、工務さんと相談して何箇所かは塞がずにそのままにしてもらおうと思う。
        | masabee | 基礎(天端) | 22:41 | - | - | - |

         


        bolg index このページの先頭へ