blog index

はじめての住宅建築(安くて良い家)

ローコスト系住宅会社(タマホーム)にて、低予算で満足度の高い優良住宅を目指した建築主の奮闘記録です。
耐震性能、断熱性能、維持管理性能を確保しながら、頻繁に建設現場に出向き、建築のプロセスをしっかりと確認しました。
スマートフォン(スマホ)をご使用の方は「PC版」での閲覧を推奨します。
剛床用合板
0
     土台の片隅に、1階の床面のベースとなる剛床用合板が積み上げられている。



     板厚は24mmとかなり分厚く、1枚1枚が相当に重たい。これならば根太レスでも全く問題ないと思う。



     板に押されているスタンプをチェック。JASマークがあり、特類、2級とされている。特類というのは、完全な耐水性を意味するようである。となりにさりげなく、タマホームのスタンプも・・・。
    | masabee | 土台 | 02:35 | - | - | - |
    床面断熱材
    0
       床面の断熱にはカネライトフォームが使用されている。標準仕様のとおり厚みは30mmだ。



       土台にあいたおよそ90cmの空間にすっぽりとはめ込むような感じとなる。私自身、当初は土台側面に貴の棧を打ち付けて、そこに載せるのかなあとイメージしていたが現実は小さな金物を周囲に引っ掛け、それに載せるような仕組みだった。確かにこの方が手間が省けるなあ・・・。



       床下からのぞき込むとこのような感じに仕上がっている。後々での厚さ増しも、床下から何とかできそうだ。
      | masabee | 土台 | 02:36 | - | - | - |
      1階床(下地)の完成
      0
         床面の合板が隙間無く張られ、ちょうどプラットホームができたような印象がある。



         試しに上を歩いたり飛び跳ねたりしてみるが、これといった問題点はない。また、当面の養生のために半透明なシートが貼られている。
        | masabee | 土台 | 02:40 | - | - | - |

         


        bolg index このページの先頭へ